ゲームばかりやってる人のブログ
ゲーム三昧 TOP  >  2016年12月
おすすめサイト


Oculusセンサーで使えるスイッチ式USB3.0ハブ

 

前回記事:【備忘録】 Oculus 延長ケーブルやUSBハブのアレコレ



前回、USB3.0ハブを購入したがOculusセンサーに使えなかったという記事を書きましたが、
懲りずにまた新しいハブを購入してきてしまいましたヾ(;´▽`A``アセアセ




といっても、今回は某所で動作報告のあったものです。

長々書いても仕方ないので簡潔に言うと、延長ケーブルを挟んだOculus本体、センサー共に
全て正常に認識してくれました!


590.jpg
左から、延長ケーブルを挟んだOculus本体、Oculusセンサー、延長ケーブルを挟んだOculusセンサー。全て正常に動作しています。


USB3.0ポートを使いまくるOculusですから、このハブはもうマストバイですね!


3台目のセンサーが届いたら、4つ目のポートに差して動作するかどうか、また追記したいと思います。



追記


3台目のセンサーが届いたので早速取り付けてみました。

…動作しない!!(泣)

正確には認識したりしなかったりを繰り返します。電力不足か…。

3台目はUSB2.0接続なので、昔から使っているUSB2.0ハブの方に繋ぐことで問題なく動作しました。
できることならハブ一台で完結できた方がスマートでよかったんですけどね。

ハブ2
こんな感じ。スマートじゃないけど仕方ない…。


[ 2016/12/29 16:37 ] VR | TB(0) | CM(2)

【備忘録】 Oculus 延長ケーブルやUSBハブのアレコレ ※追記アリ

 
待ちに待ったOculus Touch が届いた!


589.jpg


早速セットアップしてTouchのチュートリアルを起動…。


凄い…本当に自分の手がVR空間に存在している!!


『親指』にボタンとアナログスティック、『人差し指』と『中指』にトリガーがあり、それぞれが3段階(指を離す、つける、押し込む)で認識しVR内の指が動く。
そしてこのトリガーが柔らかく、無駄に力を入れずに手を握る動作ができるのがこれまた凄い。

「物を持った時の感覚はViveコンの方が優れているんじゃないか」なんて言われてましたけど、このトリガーのおかげでそれすらもTouchの方が優れているように思います。





そんなことを考えながらチュートリアルを終え、次にアップデートでTouchに対応した
『The Climb』を起動。
元々はXBOXコントローラで操作するタイプのゲームでしたが、Touchで操作するとまるで別物。


実際に手を四方八方に伸ばしロッククライミングするのが楽しい…のですがここで問題発生!


Oculus本体のケーブルはビンビンに伸び切り、手を上に伸ばすとTouchがセンサー範囲外に出てしまい認識不能になってしまう。
ここら辺がOculusの弱いところですね…。


こりゃいかん…ケーブルの延長が必要だ!ということで、
本体とセンサー、両方の延長ケーブルの購入を検討することにしました。
(センサーの延長については、2台目の距離を離し、より上方に設置することで認識範囲が広がるのではないかと考えた。)


ついでに、「Oculusで使いまくるUSB3.0のポートを増やしたい」、「Oculusで遊ばない時にケーブルを接続したままセンサーをオフにしたい」と考え、
『スイッチ式のUSB3.0ハブ』の購入も検討しました。


全てうまくいった訳ではないですが、OculusはHDMIやUSBの相性問題がよく話題になるため、今回試したことを書き置いておこう、というのがこの記事の趣旨。




[ 2016/12/17 03:49 ] VR | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング